銀行カードローンと消費者金融の違いを知って上手に利用する

予定していなかったのに現金が急に必要になることがあります。サラリ-マンとして実社会にいるとそういう場合は良く有ります。そんな時に、サラリーマンならば、勤務している会社の信用でお金を借り受けすることが出来ます。

 

 

今月の月末は厳しいから付き合えないなぁ・・・


サラリ-マンの特権は、現金収入は少ないが、信用でお金を借りれるところですから必要な時は利用しない手はありません。

 

 

何いってんだよ!少しの金額なら直ぐに工面できるだろう・・・


借金する場合、金融機関に申し込みを行って、審査を通過したならば現金の貸し出しを受けることが出来ます。現在、金融機関には、大きく分けて2パタ-ンが存在します。良く知られている銀行カードローンと消費者金融の二つです。

銀行カードローンと消費者金融の利用はその違いを知る事から

具体的に言うと現金が必要な時でカードローンを申し込もうと思ったら、、銀行カードローンか、消費者金融のどちらかを選ぶことになります。この二つの違いは、適用されている法律が異なることが一番大きいでしょう。

 

 

そうだなぁ。少しだけなら何とか・・・


銀行カードローンは、銀行法が適用されて、消費者金融は貸金業法が適用されています。貸金業法には、総量規制という大きな縛りがあり、借入の合計金額が「年収の合計の3分の1」を超えないように規制されています。

 

 

どこで工面するんだよ・・・


かたや、銀行法にはその制約はありません。この違いは大変大きく、高額借入が、消費者金融では総量規制によって借入で断られたが、銀行カードローンなら借入が出来たということが現実に発生しています。

利用するカードローンの選び方は?

利用者は、希望借入金額と現在年収の関係で、どちらの金融機関にするかをきめることが得策です。実際に申し込みをする場合、審査の早さについては一般的に消費者金融は早く、銀行のカ-ドロ-ンの方は少し手間取るととは言われています。

 

 

そうだなぁ。金利の低い銀行のカードローンで工面しようかと・・・


会社の在籍確認等はともにスピ-ディに行われます。この違いは、両者のリスク管理の考え方によるところがかなり大きいからなのです。審査時間が短いと言われている消費者金融では、金利が高めに設定されています。

 

 

急に誘われた場合はどうするんだよ・・・


一方、審査時間がかかると言われる銀行のカ-ドロ-ンの方は、金利は比較てく低く設定されています。これは銀行は個別の消費者に貸し付けることは主業務ではなかったので、返済が滞る場合のノウハウがあまり無く、

 

 

消費者金融なら即日融資を受け易い環境もあるし無利息期間のサービスもあるわよ!


健全な利用者を優遇したいという思いが現れているからです。この違いが、審査の時間の差になっています。実際に審査が下りた後のサ-ビスに大きな差はなく、親切に対応してくれます。

 

但し無利息期間があるのは消費者金融が殆どです。消費者金融の中には、30日間も無利息期間を設けている消費者金融があります。返済するあてが、すぐにある場合、このサ-ビスは使わない手はありません。

即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら

即日融資可能なカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関