ゆうちょ銀行 即日融資

グレーゾーンという押し付け金利

 

金利のグレーゾーン、という言葉がありますが、簡単にいえば、制度のすき間をついて、お金を貸す業者が多く利子を負担させていたという話です。貸金業法からいえば、金利の上限は20%なのですが、出資法という法律もあります。

 

 

出資法の上限の金利は29.2%でした。


どうしてもお金を借りたい人は、それくらいの金利でも借りたいと考えますから、それを利用してお金を貸すということがまかり通ってきました。そうでなくても借りる側は金利の専門家ではありませんから、言いなりになってしまう部分が少なくなく、

 

 

そんな金利で融資しても問題なかったのかなぁ?


しかも出資法の金利で貸し出したとしても罰則がなかったので、業者はどんどん活用できたのです。しかし、さすがにそれが当然のように使われると法律違反という面が強くなり、法律が改正されました。

出資法上限金利の引き下げによるグレーゾーンの廃止

 

 

どのように改正されたんだろう?


利息制限法で定める借りたお金が、

 

 

  • 10万円未満なら年に20%の上限金利
  • 100万円未満10万円以上なら18%の上限金利
  • 100万円以上なら15%の上限金利

そして出資法の上限が29.2%から20%に引き下げられた為、その上限金利を超える金利で貸し付けを行った場合、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金、という明確な刑罰対象となりました。

過払い金返還請求について

 

また、上記の利息制限法の上限と出資法の上限20%の間での貸付は無効となり、行政処分の対象となりました。改正前にグレーゾーンでお金を借りていた人は、グレーゾーン金利分の支払いは、訴え出れば回収できるという措置もなされています。

 

 

これが最近CMでもよく見られる過払い金返還請求です。


 

 

過払い金の返還請求はいつでもできるのかなぁ?


単にお金が返ってくるので利用する人も多いですが、完済から10年という時効があるので注意が必要です。また業者側も、思わぬ出費で業者の経営が傾くなどの影響があるなど金融業界を揺るがす制度にもなっています。

カードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

page top