専業主婦が即日融資で借入する際に注意しなければならない事

まず専業主婦の申込めるカードローンを知っておこう!

消費者金融では専業主婦は申込めない?

消費者金融は誰でも手軽に申し込むことができると思われがちですが、実は申し込むための条件というものがあります。

 

 

  • ひとつは20歳以上であるということ
  • もうひとつは毎月安定した収入を得ていること

が条件です。


そのため、専業主婦は毎月安定した収入を得ていないため消費者金融では融資を申し込むことができず、

 

 

当然ながら専業主婦は消費者金融でお金を借りることはできません


これは消費者金融での融資が総量規制という法律の影響を受けているためであり、年収のない人に対しては融資ができないということが関係しています。パートやアルバイトで収入を得ている人であればともかく、個人的に仕事をしていない専業主婦の場合は消費者金融でお金を借りることができないのです。

総量規制対象外の銀行カードローンでも専業主婦が申込めるところと申込めないところがある

消費者金融ではお金を借りることができないということであれば、総量規制の対象外である銀行カードローンを検証していかなければなりません。銀行カードローンは消費者金融と異なり総量規制の影響を受けないため年収に関係なく融資を行うことができます。

 

では銀行カードローンであれば専業主婦であっても融資が受けられるのかといえば実はそうとは限りません。銀行によっては融資を行うにあたって一定金額以上の年収を得ていることが条件と設定しているところもあり、

 

 

専業主婦の申込を断っている銀行カードローンもたくさんあるのです。


また、銀行によっては融資を行うための条件として職業が設定されている場合もあり、会社員または公務員でなければ不可としているところもあります。こうした銀行でもやはり専業主婦の利用はできません。

専業主婦専用借入枠がある銀行カードローンが家族に内緒で申込める理由

銀行カードローンで専業主婦がお金を借りる場合は、専業主婦への借入可能枠が設定されていることが条件となります。この場合、専業主婦は配偶者の収入をもとに融資を申し込むことができるようになっていますが、

 

 

銀行側は融資を受けたい専業主婦の事情を考慮し、これらのカードローンは配偶者をはじめ家族に知られることなく申し込むことができます


また、専業主婦側も配偶者にカードローンの利用を知られずに利用するための方法として利用明細などの書類は郵送ではなくWEB明細にするといった工夫も必要です。こうした配慮のない専業主婦申込可能な銀行カードローンに申込むと、専業主婦がせっかく旦那にバレずに申込もうとしているのに知られてしまう恐れが出てきます

専業主婦の申込に配慮された銀行カードローン
申込 金利 専業主婦借入可能額 専業主婦への配慮
じぶん銀行カードローン 年2.2%〜17.5% 最高30万円 電話連絡なし
スルガ銀行リザーブドプラン 年3.9%〜14.9% 最高30万円 電話連絡なし
銀行カードローンでの即日融資の条件

消費者金融のもつ特徴のひとつに自動契約機の存在があります。この自動契約機によって、土日や祝日であっても即日融資ができるようになっているのですが、

 

 

銀行カードローンでは基本的にこの自動契約機の用意はありません。


※ 三井住友銀行カードローンは三井住友ACM(自動契約機)がありますが、専業主婦の申し込みはNGです。

 

そのため、銀行カードローンで専業主婦が即日融資を目指すには、

 

 

  • キャッシュカードを持っている銀行カードローンのローン機能の反映を待ってキャッシング
  • 即日振込サービスを利用しての即日融資

いずれかの方法しかありませんので、即日融資を受けるためには平日のできるだけ早い時間帯に申し込みを行うことが重要となってきます。

 

専業主婦が融資を受けることができる金額は決して多くはありませんが、それでも審査にはある程度の時間が必要ですので、できるだけ早い時間に申し込みを行うことは即日融資を受けるうえで必要な条件といえます。

専業主婦申込可能な銀行カードローンの即日融資条件
>
申込 金利 専業主婦借入可能額 即日融資の方法
じぶん銀行カードローン 年2.2%〜17.5% 最高30万円 即日振込(各金融機関へ可能
スルガ銀行リザーブドプラン 年3.9%〜14.9% 最高30万円 即日振込(各金融機関へ可能
振込融資かキャッシュカードのローン機能の反映を待つしかない

銀行カードローンでお金を借りるための方法は、

 

 

  • 銀行口座への借入金の振込
  • ATMで直接借入を受ける方法

の2種類が基本的なものとなります。振込融資の場合は、融資可能という審査結果が出てから振込の反映までにある程度の時間がかかりますが、銀行口座に直接振込が行われますので現金を引き出すために銀行まで行かなくても良いというメリットがあります。

 

ATMで直接借入を受ける場合には、手持ちのキャッシュカードにローン機能を追加するという仕組みがほとんどで、この場合は手続きが完了すればATMですぐにお金を受け取ることができます。

 

ただし、キャッシュカードにローン機能が追加されるまでの時間もある程度の時間が必要なため、現金を受け取ることができるまでには少なからず待たなければならないといえます。

専業主婦が申込みにくくなった理由の総量規制とは?

かつて、消費者金融であっても配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも融資を申し込むことができた時代がありました。しかし、

 

 

現在は貸金業法の改正にともないほぼすべての消費者金融では収入を得ていない専業主婦への融資はできなくなっています。


この貸金業法の改正のひとつに総量規制の規定があり、これは借入可能な限度額は年収の3分の1までという規定であるため年収そのものがない専業主婦に対しては新たな借入は事実上不可能となりました。

 

なお、総量規制の規定でも配偶者の収入を返済能力と見越して融資を申し込むことができると定められています(配偶者貸付)が、ほとんどの消費者金融ではこの制度を採用せずに収入のない専業主婦への融資は行っていません。

配偶者貸付を消費者金融などの貸金業者が利用しない理由

配偶者貸付とは、総量規制の規定のひとつであり配偶者に安定した収入があれば本人に収入のない専業主婦であっても配偶者と合算して収入の3分の1までお金を借りることができる仕組みです。いわば配偶者の収入を担保としてお金を借りる仕組みであり、本人の信用情報については全く無関係のところで審査を行うことになります。しかし、

 

 

大手やほとんどの消費者金融ではこの配偶者貸付には対応しておらず、あくまでも本人に安定した収入がなければ融資はできないとの判断となっています。


その理由として配偶者貸付を利用するためには、

 

 

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を証明するための書類
  • 配偶者の収入証明書(一定の借入額以上の場合必要)

などを添えて申し込む必要があります。消費者金融業者の多くがこの配偶者貸付に対応していない理由としては、これらの書類を確認するために

 

 

申込者である専業主婦が配偶者に申込がバレてしまうリスクを負うため、申込の需要がないと判断している為です。


即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら

即日融資可能なカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関