銀行カードローンにおける職業の審査基準

銀行カードローンはどんな職業に就いている人であってもその収入が安定していれば利用することができます。勿論、実際に借りることができる金額や、借入を受けたお金の利用目的などはそれぞれの人によって異なりますが、それでも

 

 

収入が安定していることが銀行カードローンを利用するための前提条件


なのです。そのうえで銀行カードローンを利用するにあたり気をつけたいのが、どんな職業であっても同じ条件でカードローンから融資が受けられるというわけではありません。

 

先述のように借りることができる金額など様々な条件が人によって異なるのですが、ここでの条件の違いというのは職業の違いとしても考えることができます。

職業の違いによる審査基準

カードローンの審査では毎月安定した収入を得ていることが重要となってくるのですが、ここでいう安定した収入とは、毎月一定の金額が入ってくる状況のことをいいます。そのため職業によっては例えば、

 

 

  • 自営業
  • 派遣社員

などのように収入が不安定であるという人もいます。こうした収入が不安定な人に比べると、やはり

 

 

  • 公務員
  • 会社員

といった職業で働いている人の方が銀行カードローンの審査でも有利に働きます。銀行カードローンでは、消費者金融と異なり総量規制の影響を受けることがありませんが、それでも年収の3分の1という金額は融資を行うにあたっての一つの目安です。

就業形態の違いによる審査基準

そのため、同じ安定した収入が入ってくる状態であったとしても、正社員で働いている人のほうがパートやアルバイトで収入を得ている人に比べて収入が多いことから銀行カードローンで借りることができる金額も大きくなっていきます。安定した収入というものは

 

 

銀行カードローンで借りたお金をその後返済するうえで重要な概念


となってきます。また、カードローンの返済というものはどうしても時間がかかることから、できるだけ安定した収入が見込める職業の方が銀行カードローンの審査でも評価が高くなるといえるでしょう。

即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら