銀行カードローンではいくらまで借りることができるか

銀行カードローンと消費者金融との違いには様々なものがありますが、中でも代表的なものといえるのが総量規制の対象かそうでないか、ということではないでしょうか。総量規制の影響を受けることがありませんので、銀行カードローンでは

 

 

基本的に年収の3分の1を超えて融資を受けることも可能です。


こうした理由から銀行カードローンは消費者金融に比べて高額の融資が可能というイメージがありますが、実際にはどこまでお金を借りることができるのでしょうか。実は銀行カードローンといえども融資可能な金額については消費者金融の規定に準ずる場合が殆どです。

銀行カードローンの融資額が大きいというのは一般論

特に初めて銀行カードローンで融資を申し込む場合というのは、融資可能な金額としては年収の3分の1以内で設定しているというところが多くなっています。これは、銀行カードローンの場合消費者金融よりも低金利で融資を行っているということが関係しています。

 

 

銀行で申込めば総量規制は全く関係ないのかなぁ・・・


低金利で融資を行うということは、返済時に得ることができる利息の金額もそれに応じて少なくなるということです。そのため、銀行側からすればできるだけ返済されないというリスクを軽減する必要があり、特に初めてカードローンを申し込んできた人に対しては

 

 

いきなり高額の融資を行うことは殆どの銀行カードローンにおいてありません。


その際の融資を行う金額の目安となるのが、総量規制の定める年収の3分の1迄ということです。

銀行カードローンで高額の融資を受けるには?

その後返済実績を重ねていくことで信用度を高めていくことができれば、銀行カードローンで融資を受けることができる金額についても増額をしてもらうことが可能です。この場合には銀行カードローンは総量規制の影響を受けませんので、

 

 

返済実績を積み重ねれば増額も可能かなぁ・・・


自身の得ている年収の3分の1を超えて融資を受けられる可能性があります。消費者金融に比べると高額の融資が可能な銀行カードローンではありますが、実際に高額融資を受けることができるようになるまでには、ある程度の時間が必要であるといえるでしょう。

即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら