銀行カードローンの利用目的

銀行カードローンでも消費者金融でお金を借りる場合と同じく、基本的には利用目的は自由です。何に使っても良いので、非常に幅広い目的で利用する事ができるといった特徴があります。但し、銀行カードローンで利用するには適切とはいえない利用目的もあります。

 

 

    例えば、

  • 自動車の購入費用として利用する場合
  • 住宅ローンの自己資金の一部にする場合
  • 或は、

  • 子供の教育資金目的で利用する場合

などは銀行カードローンで借りる用途としてはあまり使われるものではありません。勿論、カードローンの利用目的は自由ですので、こうした目的で利用したとしても特に問題になることはありません。

カードローンに適さない利用目的とその理由

とはいえ、銀行カードローンで借りたお金で自動車を購入する為には資金的にはおそらく足りないのではないでしょうか。銀行カードローンで融資を受けることができる金額としては、多いところでは1,000万円まで利用可能なところもありますが、

 

 

高額のお金を借りる為にはそれなりに年収の金額も必要となります。


勿論、そこまで高い年収を得ているのであれば敢えてローンを組むまでもないのではないかという向きもありますが、ここでポイントとなるのは銀行カードローンでは担保や保証人なしで利用できるという点です。

 

高額の融資を行った場合、それだけ返済されない可能性というリスクも銀行側に発生することになります。それでも審査をパスすれば銀行カードローンの場合は担保や保証人がない状態で融資を行うことになります。

担保を取れる融資のほうが銀行のリスクは少ない

自動車ローンや住宅ローンの場合であれば、購入した自動車や住宅を担保とできる為、高額の融資が可能となりますし、銀行側にとっても安心して融資を行うことができます。こうした背景を考えると、あまり

 

 

高額の融資を銀行カードローンから受ける事は現実的な話ではありません。


そのため、銀行カードローンでの利用目的としては光熱費の不足分を補う等の生活資金として利用される場合がほとんどであり、銀行側としてもそういった目的で利用してもらうことを想定しているといえるでしょう。

即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら