勤務先が休業日の即日融資を申し込んだ場合

即日融資を受けるにあたり、多くの人が不安に感じるのが勤務先への在籍確認です。基本的に融資を受ける為には、安定した収入を得ていることが条件となっていますので収入の状況を把握するための

 

 

在籍確認は融資を受ける為の必須審査項目となっているからです。


そんな在籍確認ですが、主な方法としては勤務先への電話連絡となっており、融資担当者が直接勤務先に電話をかけて申し込んできた人が在籍しているかどうかを確認します。

即日融資が不可能なケースとは?

在籍確認は先述の通り必須の審査項目となっていますので、これを避けて即日融資を受けることはできません。ここで

 

 

問題となるのが勤務先が休業日のため誰も電話に出る人がいないという場合は・・・


即日融資の審査では、全ての手続きが完了しなければ融資を実行することができませんので、

 

 

在籍確認がとれなければその段階で審査はストップします。


つまり、自身の勤める勤務先が休業日の場合は即日融資の申し込みをしても審査は完了しないということになります。在籍確認はまた後日、誰か電話に出ることができる人がいる時にあわせて行われ、ここで在籍確認ができれば無事に審査が完了します。

 

但し、申し込んだその日のうちにお金を借りるといったことは事実上できないということになります。このような場合、もしどうしても即日融資を受けたいということであれば利用先に相談してみるというのもひとつの方法です。

在籍確認に関しては相談してみるのもひとつの手法

通常、在籍確認というものは審査の最終段階で行われるものですが、その順番を変えてもらったり、電話をかける日程を変更してもらったりといった相談をしてみましょう。在籍確認というものは収入の安定性を重視するカードローンでは必須の審査項目ですので、

 

 

在籍確認をしないという選択肢は基本的にはありえません。


そのため、勤務先が休業日ではない日に申し込むことで、即日融資が難しくなる可能性を回避できるということも、ひとつの事例として考えておくと良いでしょう。

即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら